B・Oで利益が出る仕組み

B・Oで利益を出す為にはペイアウト率を把握しなければいけません。

 

【ペイアウト】

例えば

1万円のバイナリーオプションを購入して予測が的中しました。

ペイアウト率100%の場合 ペイアウトは2万円

ペイアウト率  90%の場合 ペイアウトは1万9千円

ペイアウト率  60%の場合 ペイアウトは1万6千5百円

 

ペイアウト率は時の相場によって、各業者が決定しています。

ペイアウト率の高い業者をバイナリーオプションが2択を選ぶ取引。

 

2択=的中率50%

 

トレーダーが予測を的中する割合は、テクニカル分析を行わない場合、50%です。

的中率が50%だと、ペイアウト100%の場合、

バイナリーオプション業者の利益は「0」になってしまいます。

その為、業者は相場の状態によってペイアウト率を調整し自らの利益を確保しています。

 

※規模の大きい優良業者の対売上における利益率は1%前後

 

 

【ペイアウトの倍率は常に変化】

これは、常に相場のトレンド(相場の流れが一定方向に偏る現象)が影響するからです。

例えば、

アメリカ大統領の経済対策が発表され市場にポジティブに受け止められ、

市場関係者はドルを購入して円を売る流れになったとします。

一日通してドルの値段は上昇し続けて、円の値段は下り続けている相場になっています。

 

この状態は、ドル高円安のトレンドが発生している状態です。

相場がこのような状態の場合、

ドル高予測をする事で的中率が高まります。

トレーダーは、ドル円取引で「High」を選択する人が80%いました。

判定時刻が来て、結果はトレンドが示すように、ドル高「High」になりました。

 

このように、市場によっては予測が容易な相場がバイナリーには存在します。

 

ちなみに、

予測が簡単だとどうなるか?

バイナリーオプションを購入したトレーダーの過半数が的中した場合、

ペイアウト率が100%だとバイナリーオプション業者の赤字幅が広がり

経営破綻をしてしまいます。

 

相場に偏りが発生している場合、ペイアウト率を調整して業者の取り分を一定の割合に

なるように調整しています。

上記の例で言うと、

前日はドル円市場のペイアウト率80%だったのに、

トレンドが発生した瞬間からペイアウト率が65%に変わっていた等

このような形で調整が入る仕組みです。