メールアドレスの用意 <初級編②>

gmail

メールアドレスというのは、

ネット上のお手紙(メール)を送ったり、受け取ったりする為に必要なもの、です。

例えると、

郵便物を受け取る為の「郵便受け」や、

郵便物を送る為の「ポスト」

になります。

この「郵便受け」と「ポスト」の両方の役割を同時に担うものと

考えて良いでしょう。

ネットでお金稼ぎをする為には、メールアドレスが必要です。

例えば、ポイントサイトやASP(広告提供サイト)に登録する時、

メールアドレスを通じて、不正がないかを、サイト側から確認されたりします。

送られてくる仮登録メールには、

アドレスが書かれており、それを認証する形になります。

また、ポイントサイト内での無料会員登録や、

資料請求などの案件を消化していく時に、同じ理由で使用されたりします。

他にも、リードメールやアンケートで稼ぐ場合にも、

メールアドレスが必須となってきます。

メールアドレスの無い方は、

あるいは、お金稼ぎでは、自分の本来のアドレス(本命)とは、

別のアドレスを使いたい方は、GmailYahoo!メールといった、「フリーメール」を用意しておきましょう。

フリーメールは、全て無料で入手できます。

自分の本来のメールアドレスは使わず、フリーメールを使う事をオススメします。

理由は、ポイントサイトやASPに登録していくと、

メールが大量に来るようになるから、です。

慣れない内は、本来のメールアドレスとビジネス用のアドレスは、

分けておく方が良いでしょう。

後々、複数のメールアドレスは設定で、同一の受信箱にまとめる事もできます。

このサイトでは、フリーメールアドレスの作成方法を、

Yahoo!メールを介して、初心者向けに説明していきます。

Yahoo!フリーメールアドレスの作り方(初心者向け)



 

【本メールアドレスもフリーメールにする】

基本的に、本メールアドレスは、

プロバイダー契約時に付いてくるアドレスを使う人がいると思います。

しかし、その場合、プロバイダを変えるごとをアドレスを変更しなくてはいけなくなり、

面倒になります。

なので、本メールアドレスも、フリーメールアドレスにしておいた方が、効率的です。

 

■本メールアドレスをフリーメールにするメリット

・半永久的に使える。

・メールソフトの設定が不要。

・どのパソコンからでもログインが可能。

 

■本アドレスをフリーメールにするデメリットと対策

・無料プランだと、数か月ログインしないとIDが消滅する。

(定期的にログインすれば消滅しません。)

・フリーメールを受け付けないサービスが存在する

(そのようなサービスに遭遇した際は、プロバイダ支給のアドレスを臨機応変に使う)



 

【フリーメールサービスの比較とオススメ】

現在、オススメできる代表的なメールアドレスは、

以下の通り、

Gmail       ・・・本アドレス向け(特にアフィリエイター向け)。

Hotmail        ・・・Gmailに次いで本アドレス向け。容量無制限が特長的。

Yahoo!メール    ・・・日本での利用度No.1。使い捨て用やお金稼ぎ用向け。

 

※本アドレスを設定する場合

Gmail(Google社運営)がオススメです。

検索エンジンなど、Google社は様々な分野で著名です。

まず、相当な期間、サービスがなくなる事はないと保証や

メールアドレスのアカウントについても、半永久的に使用できるからです。

 

アフィリエイトで稼いでいく人の場合。

グーグルのサービスであるウェブマスターツールや、

アナリティクス、アドセンス、アドワーズといった機能を多用します。

その際に、Gmailアドレスだと、色々と融通が効いたりします。

Yahoo!メールは、主にポイントサイト等のお金稼ぎ用や、使い捨て用のアドレスを複数作成する時にオススメです。

 

メールアドレスを作成したら、

自分の「メールアドレス」と「パスワード」」は忘れないように、メモを取っておきましょう。

 



 

 

関連記事