良質なコンテンツを作成する為のポイント <上級編⑯>

gold-163519_1280

良質なコンテンツを作ろうとすると、
実際のコンテンツ作成では、文章を執筆する時間よりも、
調査や推敲といった作業のほうに時間を使います。

大体調査が、全体の作業の8割をしめると考えてください。

またコンテンツの文章の下書きができたら、何度も推敲していきます。

 

完成後もコンテンツは定期的に読み返し、修正していきます。

直接報酬に繋がるコンテンツ、キラーコンテンツ、
その他ページビューや閲覧者数の多いページを、
重点的に見ていきます。

 

スーパーアフィリエイターと呼ばれるような、
月に100万円以上を稼いでいる人達は、
ひとつ記事を作るごとに調査などの準備を含めて、
1日、2日くらい使います。

そしてそれらの情報を、
ウェブサイトやメールマガジンを使って、無料で公開します。

そうした精度の高い情報を公開する人によって、
アフィリエイト広告が紹介されると、
その商品が高額であっても、閲覧者たちからは注目されます。

 

良質なコンテンツを作るということは、
それだけで成果につながる要素ですから、徹底していきます。



 

【キラーコンテンツの用意】

コンテンツがつまらないと、
直帰率(閲覧者が最初の1ページだけで自サイトを去る率)が高くなり、
訪問別ページビュー(閲覧者が見たページ数の平均)が低くなります。

 

コンテンツ作成では、他のサイトにはない、
魅力的なコンテンツ(キラーコンテンツ)を、用意しておく必要があります。

別サイトを上回るプラスアルファの特色を、
自サイトのコンテンツでだしていきます。

 

SEOの世界では優れたコンテンツのことを、
キラーコンテンツ、バイラルコンテンツ、リンクベイティング等、
様々な呼び方をします。

同種類の情報をかき集めて総合し、
自分の言葉で書いていくコンテンツ・キュレーションでは、
これらの優れたコンテンツが作りやすいです。

 

また、多くのサイト訪問者が、
いったいどのような問題や悩みに直面しているのか、
それらを読み取り、解決する情報を与えるコンテンツも、
クチコミや被リンクで広がりやすい、優れたコンテンツとなります。

 

キラーコンテンツは、
全ページの目立つ所(サイドバー等)に配置しておきます。

サイト訪問者は最初の数ページで、
そのウェブサイトが有益かどうかを判断しますので、
最初の印象が重要です。

キラーコンテンツは、特に念入りに作っておきます。

何度も読み返して、推敲することも心がけましょう。



 

【成果の発生しないコンテンツもたくさん作成】

多くのアフィリエイターは、
成果の発生する広告商品を前提にコンテンツ作成をします。

なので成果の発生しない広告商品は、
たとえ需要のある商品であっても供給の情報がない、
ということが多いです。

成果の発生しない商品紹介コンテンツや情報コンテンツでも、
検索数が多くて需要があるなら、
そのページから大量のアクセスアップを見込むことができます。

そしてサイト訪問者は、
そのページから内部リンクで商品コンテンツへと飛び、
他の商品を買っていく、ということがあります。

結果的に収入があがることを考えると、
プログラムで扱っていない商品や、
広告を載せれないような情報でも、需要があるなら、
コンテンツとして積極的にあつかっていくべきでしょう。

 

【困った時の対処法】

ウェブサイトのテーマ決め同様、
どんなコンテンツを書いていくか迷ったときにも、

Googleアドワーズ

のキーワードツールが使えます。

 

たとえばアフィリエイトで検索すると、
「アフィリエイト ブログ」という複合キーワードが出現します。

検索回数が多い上に、競合性も低いですから、
「ブログでのアフィリエイトのやり方」に関する情報の需要が、
多いことになります。

そうした情報でコンテンツを作っていけば、
当然アクセス数につながります。

 

グーグルアナリティクスで集めた情報も使えます。

トラフィックサマリーの検索キーワードを見れば、
閲覧者がどんなキーワード検索で、
自サイトにやってきているのかがわかります。

Yahoo!知恵袋、教えて!goo、
はてな等といったQ&Aの質問内容も使えます。

 

アナリティクスやQ&Aで集めた需要があると思われる検索ワードを、
アドワーズのキーワードツールで調べてみましょう。

検索数が多く競合性の低いテーマであれば、
コンテンツを作る価値があります。

徹底的にそのテーマに関する情報を調査して、
コンテンツ作成をおこないましょう。



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る