Webコンテンツ作成の為のライティングスキル <上級編⑮>

gold-163519_1280

コンテンツ記事の執筆能力は、読書と執筆を続ければ自然と向上します。

知識や経験があり、

記事のネタがたくさんあるにもかかわらず、
文章が書けないという人は、
とにかく優しめに書かれた文章(小説など)を、
読んでみることからはじめます。

そして実際に、執筆してみることが大切です。

読書してもなにも書けない場合は、

練習用に、写本をしてみるのもオススメです。

記事を執筆する上でくれぐれも注意してほしいのが、
他人の文章の盗用です。

完全な模倣は著作権違反になりますし、

検索エンジンからも盗用サイトと認識されて、
排他される恐れがあります。

また嘘の情報も、決して書いてはいけません。

嘘のコンテンツを作ってしまった時点で、
ウェブサイトの信頼度がさがります。

商品広告を過大評価するような文章も、ASP等からは禁止事項とされています。



 

【無駄の無い文章】

たとえば携帯の情報を伝えるなら、
「携帯はDoCoMo、auのふたつの会社から選んで契約していく人が多い」等、
目的的に、的確に文章を構築していくよう心がけます。

基本的に文章のくりかえしは避けます。

文章作成に慣れていない人は同じ文章をくりかえしたり、
余計な表現を加えすぎたりして、
サイト訪問者を飽きさせてしまう、ということがあります。

キーワード・カニバリゼーションと呼ばれる現象があり、
あまりに類似した文章を多数作成してしまうと、
検索エンジンから排他される対象となることがあります。

しかし、

「序論・本論・結論」や「起承転結」という形式で記事を書くなら、
序論と結論、あるいは「起」と「結」に同じことを書く、
といったコンテンツになることもあります。

そのようにユーザビリティを考慮して文章を書くのであれば、
くりかえしの文章があっても構いません。

ただしその場合にしても、なるべく同じような文章は、
他の言葉で言い換えるようにします。

精度の高い文章を作るよう、心がけましょう。



 

【わかりやすい文章】

文章の文体は、
誰が読んでもわかる文章を書くように意識します。

基本的に難しい表現は使いません。

難しい表現は、閲覧者に窮屈さを与えるだけです。

漢字も、なるべくひらいていきます。

文法的にエラーのある文章も控えます。

「あの人は美形だけど頭が良いけど性格が悪い」のように、
同じ文章の中に逆説が2つ入っている文章や、
「とても原発はすこぶる危険だ」のように、
同じ意味の副詞が2つ以上入っている文章などは、NGです。

 

クリエイティブ・ライティング(創作表現)では、
基本的なことになりますが、
文章を英語などの外国語に翻訳した際、
不自然な文になってしまう場合は、
だいたい読みにくく、日本語的にも破綻した文章です。

注意が必要です。

 

ひらがな、漢字、カタカナは使いわけましょう。

たとえば「お勧め」と書くと堅苦しい印象があったり、
小学生が読めない可能性があります。

しかし「オススメ」と書けば柔らかくなり、
小学生でも読むことができます。

サイト訪問者がコンテンツを見やすいよう、文字の表記は工夫が必要です。



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る