成約率UPの為の商品紹介方法 <上級編⑰>

gold-163519_1280

アフィリエイト広告の成約率をあげるためには、
通常のWebライティング技術だけでなく、
プラスアルファの工夫が必要になってきます。

商品の成約率をあげるための記事作成のポイントを、
絞って紹介します。



 

【メリットとデメリットを明確に記す】
商品を実際に使って、
その感想を書いていくレビューアフィリエイトの場合、
良いところ、悪いところを書いていきます。

人は後の方に悪いことを書かれると、
心理的に商品を購入する気が薄れます。

ですので悪いところを先に書いて、良いところを後に書く、
という手法がオススメです。

一番よいのは、「良いところ・悪いところ・良いところ」という風に、
悪い部分を良い部分ではさむような形の文章です。

商品を紹介する場合は、商品の特徴をあきらかにしたり、
どんなユーザーにオススメなのかを明記します。

難しい言葉や専門用語を入れる場合は、
初心者にわかるよう補足の文章をいれておきます。

 

【体験談を集める】

商品を紹介するときは、

その商品をすすめるだけの理由や解説が必要となります。

実際に商品を使ってみたり、調査したりすることで、
商品知識を身につける事が大切になります。

実体験がない場合は、他人の経験談・クチコミをまとめても、
信憑性の高まります。

また、自分に実体験があったとしても、
それとは別にそうした他人の実体験をまとめておくことで、
自分と他人の感想の比較をすることができます。

商品レビューサイトやECサイトには、
商品に関するレビューがたくさんありますので、
まとめる情報の素材として使えます。

■ All About

■ Amazon

■ 価格.com



 

【商品のメリットを特徴や数字で具体的に伝える】

商品を紹介するときは、
「楽になります」などといった簡単な説明では、成約率はあがりません。

関連製品のすべてに共通する当たり前のことを説明されても、
サイト訪問者は興冷めしてしまいます。

 

「15分節約できるので、時間を育児に使える」
「従来のパソコンと比較して本体が小さいので、場所を取らない」
といった説明のように、

他の類似製品との違いを明らかにして、
その商品独特の具体的なメリットをうきぼりにして説明します。

「年間3万円、光熱費が節約できる」というように、
メリットを数字化することで、具体的に商品の良さを伝えることもできます。

電気代や水道代などの料金の場合は、
一日の節約料金よりも、
月間や年間で節約できる料金を伝えたほうが効果的です。

 

【文章を考える】

衝動買いという言葉が示すように、
物を買いたい欲求というのは気分で成り立つ場合もあります。

サイト訪問者の気分や感情を意識して、
衝動買いをさせるような文章コンテンツを作ることも、
成約へのポイントでしょう。

なぜ、自分はあのとき物を買ったのか、
なぜあの人はこの店に入ったのかなど、
日頃の自分の、お金に関わる行動を分析してみたり、
他人がモノを買う気になる動機を、
客観的に探ってみたりすることで、
マーケティングに特化した文書を作ることができます。



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る