Googleのキーワードツールを使う

sea-79606_1920

■ Google AdWords キーワードツール

Google AdWordsは、
主に検索連動型広告を掲載する際に使うサービスですが、
このグーグルアドワーズの中には、「キーワードツール」と呼ばれる無料ツールがあります。

 

ネットでお金を稼いでいるアフィリエイターなら、誰もが必ず使っています。

新しく作るサイトのテーマを考えたり、
各コンテンツのtitleタグの中身を決める際には常用しますので、
必ず使いこなせるようにしましょう。

キーワードツールは、Gmailで登録しておくと使いやすいです。

 

グーグルアドワーズのキーワードツールでは、
特定の単語を検索することで、
その単語(検索キーワード)の需要と供給がわかります。

また、その単語に関連してくる、
ロングテールの複合キーワード(2語以上で成り立つ検索)の需要と供給も、
見ることができます。

 

このツールを使う際は、
検索結果にでてくる月間検索数(グローバル月間検索ボリューム)を、
クリックすることで、関連する複合キーワード群を降順に並びかえましょう。

月間検索数が多い順にキーワードを見ていくと、
どのキーワードが使えるのかが、非常にわかりやすくなります。



 

【情報の需要と供給を把握】

検索結果に表示される月間検索数は、
その名の通り、その単語が検索エンジンで一か月に検索される回数。

そして競合性は、その単語に関連するウェブサイト(情報)が、
どれだけ検索エンジン上にアップされているかを示します。

検索数はそのまま需要を、そして競合性はそのまま供給を表します。

その検索キーワードに関係してくる「情報の需要と供給」を表します。

タイトルタグやコンテンツに使っていくキーワードは、
検索数が多いほどよく、競合性が低いほどよいです。

 

検索数が多くて競合性の低いキーワードは、
すなわちサイト閲覧者からの需要が多くて、
ウェブサイト作成者からの供給が少ない情報、ということになりますから、
そのキーワードをテーマにしてコンテンツを作っていけば、
確実にアクセス数を見込める、というわけです。

逆に需要が少なくて供給の多い情報、
ようするに検索数が少なく競合性の高いキーワードで、
コンテンツを作っても、あまりアクセス数を見込むことはできません。

 

目標キーワード(検索エンジンで上位表示を狙う単語)として使う単語は、
最低でも月間検索件数が2000を超えるものにしましょう。

月間検索数が1万あれば、十分です。そのキーワードは、確実に需要があります。

 

基本的にテーマやtitleタグ、コンテンツの中身は、
キーワードツールの単語検索で表示される、
ロングテールの複合キーワード(2語以上から成立する検索)から、
決めていきます。



 

例えば、語学なら、
「英語 翻訳」「英語 基礎」「英語 例文」といった組み合わせが、
競合性が低く、検索数が多いです。

これらを基準にして、
テーマ(サイトタイトル)なら「英語を翻訳する方法」、
タイトルタグなら「高校英語の基礎 | 受験に合格するための勉強法」、
コンテンツなら「高校二年生のうちに、
英語の基本的な例文をすべて暗記することで、受験を有利にしましょう」、
といった風に、2語以上の複合キーワードを含ませて文章を考えていきます。



 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る