ネット投資の注文方法・売買方法 <投資②-中級編>

laptop-1209008_1280

インターネットの出現で、投資の注文方法も、
格段に選択肢がふえました。

現在では前もって注文・設定しておくだけで、
仕事や学校のあいだでも、株や債券、FX外貨などの金融商品の値段の推移にあわせて、
自動で金融商品の売買をおこなうことができます。

これら自動売買の設定をおこなうことで、
感情に左右されない機械的な投資活動ができる、というメリットもあります。

1.成行注文

2.指値注文

3.逆指値注文

4.IFD注文

5.OCO注文

6.IFDO注文

7.トレール注文

8.自動積立(ドル・コスト平均法)



(1)成行注文

一番メジャーな注文方法。

そのときの価格で、実際に自分の手で売買注文します。

株などは市場がひらいていない場合、
注文だけおこない、市場がひらいた際に、その時点の価格で自動売買がおこなわれます。

すぐに売買ができて有利ですが、値段を指定しないぶん、
不利な価格で売買がすすむ可能性があります。

(2)指値注文

通称リミット注文。

値段を指定して注文をおこないます。

指定した価格以上になったら売り、指定した価格以下になったら買い、
という感じで、その値段に商品の価格が到達したとき、自動的に商品の売買がおこなわれます。

ただし、
指定した値段に価格が到達することがなければ、売買はずっとおこなわれません。

なお、
指値注文や下記の逆指値注文、その他複合注文では、
一緒に注文の有効期間を設定することができます。

これを設定しない場合、指値の設定が自動的に当日かぎりで消失します。

(例)株価1500円になったら売る設定をしていて、
当日中に株価が1500円に達しなかった場合、その売買設定は消失。

(3)逆指値注文

通称ストップ注文。

指定した価格以下になったら売り、指定した価格以上になったら買い、
という損切り専用の自動売買設定ができます。

現在はだいたいの証券会社で逆指値ができますが、
できないところもありますので注意します。

(4)IFD注文

イフダン注文(リバース注文)では、
買いの注文と売りの注文(指値)を一緒にだします。

つまり、商品を買う設定をすると同時に、
その商品を売るときの設定も決めてしまう、というわけです。

(5)OCO注文

オーシーオー注文(ツイン指値・W指値)では、
指値と逆指値を同時に注文します。

買いと売り、両方可能です。

たとえば、
現在株価1500円の商品を持っているとし、
1600円になったら売却して利益確定する設定と、
1400円になったら売却して損切りする設定、この2つを設定できます。

(6)IFDO注文

イフダンオーシーオー注文は、IFDとOCOをあわせた注文方法。

新しく商品を買う設定と、その商品の指値・逆指値の売却設定を同時にくめます。

利益を見込んで計画的に投資をおこなうなら、この方法が一番オススメです。

(7)トレール注文

トレール注文では、値幅を指定できます。

そしてその値幅と、今後の商品価格の変化に応じて、
逆指値注文で設定した値段が推移していきます。

たとえば、
FXで、1ユーロ140円(ask)のときにユーロを買い、
値幅(トレール幅)を5円に設定しておきます。

その上で、
逆指値注文で135円になったら売る設定をしておきます。

もし、
1ユーロが145円になったら、逆指値注文の値段もトレール幅の5円を推移し、
135円から140円に上書きされます。

このようにトレール注文を使うことで、
逆指値注文の値段設定を、自動でどんどん上に推移させていくことができるのです。

ただし、
1ユーロがそのまま135円に降下したら、普通の損切りの売却になります。

もちろん売り注文だけでなく、買い注文でも設定できます。

慣れればオススメの注文方法です。

(8)自動積立(ドル・コスト平均法)

毎月きまった金額のお金を、自動で銀行口座からひきおとし、
対象の投資商品に積立てます。

主に純金や投信で使える方法です。

たとえば、
毎月1万円を純金積立てにまわす、と設定したら、
あとは指定した自分の銀行口座から、自動的に毎月1万円がひきおとされます。

これによってなにができるかというと、
ドル・コスト平均法と呼ばれる投資法ができます。

自動的に価格の安いときに多くの商品数を買い、価格が高いときに少しの商品数を買うので、
長期で見れば平均単価を低くできる、というものです。

たとえば投資信託(ファンド)を4月から6月のあいだ、
毎月1万円ぶん買う場合と、毎月1万口ぶん買う場合で考えます。

              4月      5月     6月

ファンド1万口の値段    9000円    1万円    1万1000円

毎月1万円ぶん買う    1万1111口   1万口     9091口

毎月1万口ぶん買う      1万口    1万口     1万口

<毎月1万円ぶんを3か月買う場合>

買った金額は、毎月1万円なので3か月で3万円。

それによって手に入ったファンド口数は1万1111+1万+9091の合計3万202口。

<毎月1万口ぶんを3か月買う場合>

買った金額はそれぞれ1万口ぶんで9000円+1万円+1万1000円で合計3万円。

それによって手に入ったファンド口数は合計3万口。

毎月1万円ぶん買う 毎月1万口ぶん買う

使ったお金       3万円        3万円

手に入った口数    3万202口      3万口

ご覧のとおり、毎月1万円ずつ買ったほうが、
買える商品数が多くなります。

このように毎月同じ商品数を買うのではなく、
同じ金額分を買うことで、結果的に手に入る商品数がふえやすいのが、
ドル・コスト平均法の特徴のひとつです。



<ドル・コスト平均法と自動積立の特徴>

■長期で見たときの商品単価を低くできる
(ナンピン買いに近いことができる)

■いちいち株価や基準価額、為替レートといった商品価格を気にする必要がない

■クセの悪い忙しい人でも自動的に投資ができる

自動積立を使えば、毎日相場をチェックする必要がなく、
勝手に銀行口座からお金がひきおとされるので、忙しい人にはうってつけの方法です。

忙しい人が投信を使って資産形成をしようという場合には、
自動積立は絶対に必要になります。

一方、自動積立に対して、
一気に一括で商品を購入することを「スポット買い・スポット購入」と言います。

投信・純金などでは、この自動積立とスポット買いが両方できるものが多いです。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る