通貨単位と証拠金維持率 <FXマニュアル③>

button-892142_1920

FXでは最低取引額が、

FX業者の通貨単位でさだめられています。

 

この通貨というのは、買いたいほうの通貨の数に適応されます。

たとえば最低取引額が「1万通貨」である場合、1万円が必要になる、ということではありません。

この1万通貨の意味するところは、

ドルを買う場合は1万ドルぶんの円、ユーロを買う場合は1万ユーロぶんの円が必要になる、

ということです。

ですので、

証拠金として最低限必要なお金というのは、

為替レートによって常時変わっていく、ということになります。

たとえば、

最低取引額が1万通貨で、為替レートが1米ドル=100円なら、

米ドルを買うときには最低100万円が必要になります。

 

なお、この1万通貨というのは、

レバレッジをかけた結果、達成されている数字でもOKです。

上述の最低取引額=1万通貨、1米ドル=100円の例であれば、

証拠金として10万円しかあずけていなくても、レバレッジを10倍かけてやれば100万円となり、

それで1万ドル(1万通貨)ぶんの取引、と見なされます。

 

ただしレバレッジ10倍は利益がでたとき10倍になるぶん、

損失がでたときも10倍になる、ということです。

為替レートが少しさがっただけでもロスカット(強制決済)になる可能性がありますし、

そもそもあまりに大きなレバレッジをかけることは、初心者にはオススメできません。

初心者が最低取引額=1万通貨のFX業者で、米ドルの取引を安定的におこなう場合は、

最低でも50万円の入金をおこない、レバレッジを2~3倍程度で運用することがオススメです。

 

基本的に多くのFX業者は「最低1万通貨」からの取引を基準にしていますが、

中には1000通貨単位からの取引でもOKとしている業者もあります

なので初心者のみなさんは、そうしたFX業者を使うのでも良いでしょう。

1000通貨であれば、

米ドルを買う場合には、証拠金10万円でも2~3倍という小さいレバレッジで安定した運用が可能です。



 

<取引単位1000通貨以下でオススメのFX業者>

  • SBI FXトレード → 1通貨単位(米ドルで100円程度)で取引可能
  • マネーパートナーズ → 100通貨単位(米ドルで1万円程度)で取引可能

 

証拠金維持率とロスカットについて

 

証拠金維持率とは、

FXをする上でどれくらい証拠金に余裕があるかを示す数字です。

実際にあずけいれられているお金(証拠金残高・有効証拠金)を、

最低限必要なお金(必要証拠金)で割って百分率にします。

 

証拠金維持率=証拠金残高÷必要証拠金×100(%)

 

安定運用を目指すなら、この数字は最低1000%は欲しいところです。

FXで資産運用していくと損得が発生しますので、それによって有効証拠金も上下します。



 

有効証拠金=もともとの証拠金±為替差損益

 

証拠金維持率が100%なければ、基本的に新しい取引をすることはできません。

また証拠金維持率が100%以下になると危険で、

80%・70%くらいまで数字が下回ると、FX業者から警告のメッセージが届きます。

これをマージンコールと言います。

マージンコールとなった場合、

今後取引を継続したいのなら証拠金を追加するか、ポジションの一部を決済する必要がでてきます。

そしてそれをそのまま放置してさらに証拠金維持率がおよそ30%を下回ると、

いよいよ強制決済となり、すべての取引が円貨にもどされ、あずけているお金がすべて返されます

これをロスカットと言います。

 

FXでは株のような値幅制限のストップ高・ストップ安がありませんので、

通貨の価格が乱高下する可能性があります。

その対策としてFXではこのロスカットのシステムを導入することで、

証拠金以上の損が発生しないようにできています

 

なお、

どの程度証拠金維持率が下回ることでマージンコールやロスカットが発生するかは、

FX業者によって異なります。

もちろん自分で数値を指定することが可能なFX業者もあります。

 

すぐにロスカットとなるような証拠金維持率では、損しかしません。

多少為替レートがおちても、その後レートがあがることを見込んだ取引ができるよう、

FXは余裕資金でいどむべきでしょう。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る