投資信託を買う為の知識  <投資信託①>

business-1049272_1920
【投資信託の利益は2種類】

 

投資信託にはキャピタルゲイン分配金の2つの利益があります。

 

(1)キャピタルゲイン

 

株と同じように、

投資信託でも値上がり・値下がりによって差損益(キャピタルゲイン・キャピタルロス)が発生します。

このとき投資信託では基準価額(きじゅんかがく)とよばれる数値が、

株の株価にあたるものとなります。

基準価額は、ファンド1万口あたりの価格となります。

 

<売却差益の例>

  1. 基準価額1万円のときに100万円でファンド100万口を買う
  2. 基準価額1万5000円のときにファンド100万口を売って150万円になる

 

この場合は、

50万円の売却益が発生しています。

逆に基準価額がおちれば、損をすることになります。

 



 

(2)分配金

 

投資信託では、分配金とよばれるインカムゲインが定期的に発生します。

「分配金20円」と書かれていれば、1万口ごとに20円、ということになります。

なので5000口を持っているなら10円、2万口なら40円です。

分配金がくばられる頻度は、決算の回数によります。

 



 

【投資信託と個別株の違い】

 

投資信託は株、債券、不動産など、複数の金融商品に投資していますが、

それらの投資比率を管理する人たちのことを、ファンドマネージャーと言います。

投資のプロ達のことで、

マクロ経済学的に投資する商品、国、業種などの比率をきめるトップダウン方式

会社のひとつひとつをつぶさに現地調査して成長株を発掘するボトムアップ方式などの手法で、

日々ファンドの投資対象を管理します。

投信を利用して、ファンドマネージャー達にアセットアロケーションの管理をうけもってもらうぶん、

給料として手数料(信託報酬)を支払うことになります。

これが、株とは大きく違う点です。

結果的に指数に投資することになるインデックスファンドであれば、

この手数料はどんどん安くなっていきます。

逆に指数より上の成果をねらおうとするアクティブファンドだと、

手数料は格段に高くなる傾向です。

 

また、

投資信託では株への投資があっても、

インカムゲインである株主優待や配当金がでないことにも注意します。

そのかわり、分配金と呼ばれるインカムゲインは発生します。

 

個別株は単元株数である100株を買うのに、

10万円以上を用意する必要がありますが、

投資信託は5000円程度から買うことができますし、毎月積立であれば500円からでもOKですので、

お金のない人でも手軽にできるのも特徴です。

投資信託は個別株同様、以下のようなネット証券で買えます。

 

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • セゾン投信(投信専用)

 

【投資信託について】

投信は、本業持ちの忙しい人には一番オススメです。

投信を利用すれば、銀行で入出金する感覚で投資ができます。

基本的に忙しい人で長期投資がしたい場合は、

世界経済インデックスファンドか、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを使うと良いでしょう。

 

特に自分で投資信託を選ぶ、という場合には、

2010年代現在、日本の投資信託はほとんどがブラックです。

売れている投資信託が、かならずしもパフォーマンスが良いというわけではありません。

売れているからといって安易にすぐ買うのではなく、しっかり選択基準の知識を身につけましょう



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る