iphone「フェイスダウンモード」

iphone-6-458150_1920

iOS9の省電力機能のひとつで、

iphoneの画面を下に向けておくだけで、

自動的にディスプレイ表示をオフにする「フェイスダウンモード」と

呼ばれる機能があります。

フェイスダウンモード有効にする方法はいたってシンプル。

iphoneを下に向けて置くだけ。

すぐにディスプレイがオフになるわけではなく、

10秒ほど、経過した時にバックライトがオフになり、

15秒経過後には完全にディスプレイがオフになります。

 

自動ロックの設定はiOS9から、30秒から設定することが可能。

 

フェイスダウンモードと合わせてバッテリーを長持ちさせることができます。

 



 

※モデルによって、ディスプレイがオフになるタイミングが異なります。

以下、参照。

・iphone5 (自動ロック1分):10秒でバックライトがオフ、15秒で完全にオフ。

・iphone5s (自動ロック30秒):7秒でバックライトがオフ、10秒で完全にオフ。

・iphone6   :5秒でバックライトがオフ。8秒で完全にオフ。

・iphone6s   :5秒でバックライトがオフ。8秒で完全にオフ。

下向きにしている状態で、メールを受信した場合もディスプレイはオフ状態を保ちます。

iphoneを下向きの状態にして置くだけでバッテリーの持ちが、かなり改善されますね。

 



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る