メルマガスタンドの選び方

chest-1649321_1920

【メルマガ配信スタンドの選び方】

メルマガアフィリエイトをやる場合、
メルマガ配信スタンドを使うことになります。

メルマガ配信スタンドを選ぶ上で重要なポイントは、以下の3つ。

①代理登録、自動登録、協賛メルマガのシステムがあるか

②ステップメールが使えるか

③リスト(読者のメールアドレス)の管理

 

①代理登録のできるメルマガスタンドを選ぶ

メルマガの読者を増やしたい場合、
無料レポートスタンドによる無料レポートの配信が不可欠。

たとえば、無料レポートを配信すると、
訪問者はそれを読むときには名前とメールアドレスを書き込みます。

そのとき、読者の名前とメールアドレス(リスト)を手に入れることになります。

このリストが自動で、自分のメルマガに登録されることを自動登録と言います。

また、他人の無料レポートを紹介し、
訪問者にレポートを閲覧させることで、
自分のメルマガを登録させる機能もあります。

これを協賛メルマガ(協賛制度)といいます。

そして手に入れたリストを自分のメルマガ読者として、
自分で登録することを、代理登録と言います。

メルマガスタンドによっては、これらの作業をするためには、
リストの審査が必要になる場合があります。

 

自動登録と協賛メルマガのシステムは、
メルマガスタンドと無料レポートスタンドが、連携していなければ存在しない機能です。

また代理登録の機能も、選ぶメルマガスタンドによっては存在しません。

とりわけ代理登録の機能は、
精読率の高い読者を増やす上でもっとも重要になります。

メルマガアフィリエイトで稼ぐなら、
確実に代理登録のできるメルマガ配信スタンドを選んでいきます。

 

②ステップメールを発行できるメルマガスタンドを選ぶ

第二に重要なのが、ステップメールを打てるかどうかです。

ステップメールとは、
あらかじめ複数の記事のメールを何通か作っておき、
自分で決めた周期でその複数のメールを、
メルマガ登録読者に自動で配信していく機能です。

このステップメールも自動化できる要素ですから、
情報商材のレビューや、
ブランディングに関連するマインドの記事をくんでおくなど、
使い方次第で大きな収益をあげることができます。

 

③リストを管理できるメルマガスタンドを選ぶ

第三に重要なのが、リストを管理できるか。

万が一、メルマガの引越しをしたいという場合には、
自分のメルマガの読者のメールアドレスを見れないといけません。

「新しいメルマガを発行します」と旧メルマガ内で促しても、
その新しいメルマガを登録する人は、
メルマガ登録者の10%以下だと言われています。

まぐまぐなどの無料メルマガスタンドではリストの管理ができず、
やがてサービス終了となることがあれば、
一気にそのリストが失われることになります。

リストを管理できるかどうかは、ちょうどサイトアフィリエイトで言えば、
独自ドメインを確保できているかどうか、ということと同じです。

失われた場合には、一気に収入源も失うことになります。

ですので本格的にメルマガアフィリエイトで稼ぐという場合には、
最初からしっかりした、
リストの管理ができるメルマガスタンドを使うべきでしょう。

 

(4)その他のメルマガスタンドの選択基準

その他の選択基準としては、
メール到達率、名前の差し込み機能などがあります。

メール到達率の悪いメールは迷惑メール扱いとなり、開封率が悪くなります。

迷惑メールにふりわけられるのは、
単純にメルマガスタンドで使われているサーバーの問題です。

なのでメール到達率を改善したい場合は、
サーバーの質を見る必要もあります。

ただし迷惑フォルダではなく、
普通のフォルダに振り分けられるためには、
だいたい専用サーバーを使った、
月額数万円以上の料金がかかるメルマガスタンドを使う必要がでてきます。

ですので最初はリストの管理できる、安いメルマガスタンドを利用し、
稼げるようになったらメール到達率のよい、
高値のメルマガスタンドを利用していく、というスタイルをオススメします。

またメール開封率は、メルマガ内容と読者の質を高めることで、
改善できる問題でもあります。

一般的なメルマガの開封率は3~4%前後と言われています。

たとえば自分のメルマガに1000人登録しているなら、
一回メールが送られると、
30人から40人程度が見るというわけです。

それを下回る場合は、メルマガの内容自体に問題があります。

迷惑メールに振り分けられても、
メルマガの内容さえよければ読者はしっかり見てくれます。

メール到達率の良いサービスを使う前に、
メルマガの執筆内容が魅力的なものになっているかどうかを、確認しましょう。

 

名前の差し込み機能は、
メルマガ登録時に記入された読者の名前を、
そのままメルマガ内文章の名前の部分に、代入できるシステム。

(「こんにちは、○○さん」といった風に)

初心者をターゲットにして親近感をわかせることができます。

 



 

【オススメのメルマガ配信スタンド比較】

基本的に有料のメルマガスタンドでないと、リスト管理、代理登録ができません。

<主要メルマガスタンドの簡易比較>

アスメル まぐまぐ インフォマグ オレンジメール
基本使用料金 月間
3150円
無料 無料 月間
2480円~
登録審査 なし あり なし なし
自動登録 あり なし あり なし
協賛制度 なし なし あり なし
代理登録 あり 月間
1万290円
なし あり
リスト管理 あり なし なし あり
ステップメール あり なし なし あり

 

(1)アスメル

■無料レポートスタンドのXam(ザム)と連携しているので、Xamの無料レポートを使えば自動登録が可能。

■メルマガ登録にあたり審査がない。

■初期費用1万5700円、月額一律3150円の有料サービス。

■まぐまぐに比べるとメール到達率が悪い。

Xamを使った自動登録の制度があり、かつ代理登録とステップメールもOK。

どんなに読者数が増えても、月額一律3150円の使用料で、
有用な機能を使いたい放題ですので、
初心者から上級者まで、アスメルはオススメできます。

メルマガアフィリエイトに最も適したメルマガスタンドで、オススメ。




(2)まぐまぐ

■メルマガスタンドとしては最も知名度が高いので信頼性がある。

■どんなに発行部数がふえても、基本使用料は無料。

■メール到達率は良好。

■メルマガ登録にあたり審査が難しい。

■自動登録がない。

■ステップメールが使えない。

■リスト管理ができない。

■代理登録の審査料金が3万1290円、月額料金1万290円がかかる。

■広告が入る。

まぐまぐはメルマガスタンドでは一番有名で、使用者も多いです。

しかし自動登録の機能がないため、
読者を増やそうとすると、
有料の代理登録のシステムを使う必要がでてきます。

しかも、かなり高めに設定されています。

前までは審査料金は2万5000円、月額の使用料金は6000円程度でしたが、
現在ではさらに高くなっており、今後も高くなる可能性があります。

また審査に落ちたら、その審査料をがっぽりとられてそれで終わり、
ということにもなります。

有名なメルマガスタンドですが、実際のところ、
メルマガでアフィリエイトをしようとする初心者には、敷居の高いメルマガスタンドですので、注意しましょう。

また、ステップメールが使えないこと、
リストを管理できないことにも注意します。

万一まぐまぐのサービスが終了するようなことがあれば、
他のメルマガスタンドへの、読者をそのままうつした引越しは、
できないということになります。

 

(3)インフォマグ

■使用料が完全無料。

■無料レポートスタンドのXam、無料情報ドットコム、メルぞうと提携しており、自動登録と協賛メルマガが使える。

■リストが管理できない。

■代理登録ができない。

インフォマグは情報商材ASPのインフォカートと同じ運営です。

まぐまぐと比較して、
自動登録と協賛メルマガが完全無料で使えるのがメリットです。

しかしリストを管理できないのが、やはり難点です。

 

(4)オレンジメール

■無料プランと有料プランにわかれる。

■有料プランは月額2480円から。初期費用は1万2800円。メルマガ読者数によって料金が変わる。

■最初の30日間は無料で使える。

■複数のメルマガ運営OK。

ステップメールOK、代理登録OKの優れたサービスです。

ステップメールと代理登録の機能も、
最初の30日間は無料で使えるという特徴があります。

しかし読者数が4万件になると、
使用料は月額1万9800円以上となり、
以降も2万件の読者が増えるごとに月額1万円のプラスとなります。

長い間使うことを考えるなら、
最初から一律月額3150円で済むアスメルを使ったほうがよいでしょう。

ためしにメルマガを試してみたいという、初心者向けのサービスです。



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る