更新できないサイト

home-office-599475_1920

更新できないサイトなら無意味です。

「サイトは自社では更新できない」というケースは、よくあります。

サイトを業者に作ってもらったままで、

更新方法がわからないとか、
業者に依頼しないとできないといったケースです。

サイトが何の機能も果たしていないことを気になってはいるものの
自力で更新するのが面倒に感じたり、
諦めてしまっているわけです。

サイトが更新できなければ、いろんな問題があります。

・ 古い情報のまま
・ 情報量が圧倒的に不足
・ インターネットからの集客ができない
・ 売上アップに貢献するサイトにできない



検索経由から訪問したユーザーに、
どんな印象を与えるかというと、廃墟を見たような感覚だったり、
活動しているかどうかすら怪しいという印象を与えてしまいます。

いい印象ではありません。

他にも、最終更新が数年前で止まっていたりすると、
機能しているのか、と思われてしまうかも知れません。

更新できないサイトの共通点は、
情報量が圧倒的に不足しているという点です。

サイト開設時は、
最低限必要な情報のみを用意して作られることが多いので、
そのままの状態なら、当然情報量が少ないです。

売上やブランディングにも繋がりません。
サイトはあるけど、存在意義がない状態。

集客ですが、
サイトは会社・事業概要や代表者メッセージなどがあれば
訪問者が増えることはありません。

製品の属性にあった、役立つ情報発信をブログなどで定期的に行うことで
人が集まる仕組みが出来上がるわけです。

ドメインパワーを磨いていくことで
検索された時などの流入を増やすことが可能となります。



サイトというものは、
更新していくことではじめて売上が上がるサイトに
成長していきます。

サイト開設時に、色々と戦略を練ってコンテンツを作りますが、
それで結果が出るとは限らないのです。
大半は1発では結果は出ません。

その為、
テストを重ねながら
売上につながる導線を磨かなければいけません。

そのテストを他に任せていれば、
時間もコストもかかるし、自由も失われます。

だから、専門的な知識を持ったスタッフがいなくても、
自分ででラクに更新できる仕組みにしておくことが大切です。

ブログなら更新しやすいです。
活用しない手はありませんね。

コスト的にもサーバー代やドメインなどをすべて含めても
業者に依頼するよりずっと安く済みます。



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る