ネット集客の方法

guests-2082185_1920

インターネットには様々な集客方法があります。

基本は検索エンジンです。
しかし、もっと売上を上げようと思ったら、その他の集客も検討する必要があるわけです。

ただ、

多くの人は検索エンジンかSNSからの集客をメインとし、
その他を試す人はあまり多くありません。

何をやったらいいかがわからないというのもあるかもしれませんし
ハードルが高いと思い込んでいるのかもしれません。

というわけで、メジャーな集客方法をご紹介します。



【検索エンジン】
どんなネットビジネスでも基礎となる集客元が検索エンジンです。
理由は、単純に成功した時の流入数が多いということと、
一度仕組みを作れば、コストをかけずに自然と流入が続くからです。
それは利益率上昇にもつながることなので、
ビジネスの生き死ににも関わることなのです。
基本ですから、ここが安定するかどうかが、ネットビジネスの要です。

 

【SNS】
主にSNSの集客というと、Facebook、ツイッターなどがあります。
即効性や拡散性は高いのが特徴ですが、致命的な弱点があります。

それは「販売力」です。
有益なコンテンツや面白いコンテンツは拡散されやすい一方、商品販売には向きません。
なので、ブログの拡散で使うと良いと思います。

【メルマガ】
メルマガは拡散性は低いし、読者を集めるのにも結構な手間やコストがかかります。
ですが、即効性と絶大な販売力があります。
メルマガを成功させる秘訣は、読者の数と質です。
ブログだけやっている人にはあまり必要のない媒体ですが、
商品販売を行いたい場合は、常にメルマガで質の高い情報提供を
続けることが大切です。

 

【PPC、リスティング広告】
有名なリスティング広告にGoogle AdwordsやYahoo広告があります。
多くのネット広告の中でも安定して多くの人にリーチすることができるので
広告効果も落ちにくい傾向があります。
メインの広告として使っている企業も多いと思います。

 



【Facebook広告】
弊社ではFacebook広告を本格的に使い始めてまだ一年経っていませんが、
こちらもまた無視できないほどの規模になっています。
広告に対して、「いいね」やコメント、シェアなどがつくので、
広告を起爆剤として直接的な拡散が発生するのがFacebook広告の特徴です。

 

【有名サイトのバナー広告】
有名なサイトはたいてい広告枠を販売しています。
その枠にバナーやテキスト広告を出すわけですが、
有名サイトほど広告の申し込みが多く出稿のコストパフォーマンスも低くなりがちです。
一方、

無名なサイトほどコストパフォーマンスが高い傾向がある。
ただ、有名サイトは一回の出稿で多くの人にリーチ出来るので、
広告を探したり出稿したりする手間が省けるのでおすすめです。

 

【記事広告】
記事広告とは、記事の中で自社商品を宣伝してもらう広告です。
記事広告のメリットは、2つ。
一つはサイトが残り続ける限り、広告効果を期待できること。
もう一つは、サイト運営者のおすすめ商品ということで紹介してもらえるので
信用を買うことができることです。

 

【メルマガ独占号外広告】
メルマガ独占号外広告とは、
メールマガジンをジャックして、自社の原稿を配信してもらう広告を指します。
即効性が高く、販売力があるのが特徴です。
ただ、即効性が高い分、持続力はほぼありません。
また、メルマガ広告は割高なものが多いのも特徴で、
ペイするには属性がマッチしていることと、
高い収益性を誇るビジネスでないと厳しいかもしれません。

 

メインは検索エンジンです。
それがあってこそ、他が活きてきます。

広告は時に損失を出しながら試行錯誤していくことで、数字を積み上げていく性質のものです。

感覚が掴めるまではマイナスになることもあるかもしれませんが、
集客元を増やすことはリスク分散にも繋がり、
事業を安定させるので、果敢にチャレンジしていく精神が大切です。

 



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る