子供でもお金を稼げる方法

newborn-1328454_1920

小学生、中学生、高校生など、「子供でも稼げる方法」というキーワードで、
検索する人が多いようです。

実際、

ネットでお金を稼ぐ方法は、未成年だと手のだせないものも多いので、
お子さん達がお金稼ぎをする場合は、よく調べる必要があります。

 

そこで、

ネットの代表的な稼ぎ方を子供視点から見ていき、
年齢制限という観点から検証
していきます。

18歳以下の子供でも実行することのできるお金稼ぎの方法、
18歳以下でも使用できるサービス、
逆に18歳以上でないと不可能なお金稼ぎの方法
について、
まとめてみました。

小中高の学生のお子さんは、ぜひ参考にしてください。

 

  1. ポイントサイトの年齢制限について
  2. アフィリエイトASPの年齢制限について
  3. ウェブサイト作成サービスの年齢制限について
  4. その他のネットを使ったお金稼ぎの年齢制限
  5. 銀行口座の年齢制限について
  6. 子供が稼ぐ上で一番重要なこと(裏技)

 

(1)ポイントサイトの年齢制限について

 

ポイントサイトは、
ネットでお金を稼ぐ方法の初心者向けとしてはありがたいことに、
年齢の規制はほとんどありません

やはり子供がネットでお金稼ぎをはじめる際には、
ポイントサイトをなしに語ることはできません。

 

ポイントサイト名 年齢制限
モッピー 12歳以上
ポイントタウン 16歳以上
げん玉 なし
ゲットマネー なし
ちょびリッチ 16歳以上
ハピタス 13歳以上
お財布ドットコム なし
フルーツメール なし
わくわくメール 18歳以上
マクロミル 6歳以上
ポトラ 13歳以上
ワラウジェイピー 10歳以上
お小遣いJP なし
ポイントインカム なし
PONEY 10歳以上

 

中でも稼ぎやすいポイントサイトとして有名な、
ゲットマネーやげん玉は年齢制限がありませんので、
お子さん達は、ぜひ有効活用するといいでしょう。

リファーラルを使ったアフィリエイトでも、
稼いでいくことができます。

 

モッピーは11歳以下だと登録できませんが、
当サイトで最もオススメしている最強ポイントサイトですので、
中学生以上ならモッピーもぜひ利用しましょう。

またポイントタウンは、16歳未満であっても、
親の許可があれば、登録が可能となっています。

 

(2)アフィリエイトASPの年齢制限について

 

アフィリエイトについては、
ポイントサイトが開放的であるのに対して、
基本未成年ではASPの登録ができないようになっています。


 

年齢制限 
18歳以上 
18歳以上 
18歳以上 
18歳以上 
20歳以上 
18歳以上 
20歳以上 
なし 
なし 
18歳以上 
なし 
なし   

ASP名
グーグルアドセンス A8.net JANet リンクシェア トラフィックゲート アクセストレード バリューコマース アマゾンアソシエイト 楽天アフィリエイト インフォトップ インフォカート インフォゼロ

  年齢制限のないASPとしては、アマゾンアソシエイト、楽天アフィリエイト、 インフォカート、インフォゼロの4つがあります。 ですので18歳以下でもアフィリエイトをしたいという場合は、 これら4つのASPを使うといいでしょう。  

(3)ウェブサイト作成サービスの年齢制限について

 

  A8.netなどのASPが使えない年齢でも、 アフィリエイト用のウェブサイトを作ることだけは、 高校生以下でもできます。  

年齢制限 
なし 
なし 
なし   

サイト作成サービス名
有料レンタルサーバー(ロリポップ! 独自ドメイン(ムームードメイン 無料ブログサービス(FC2ブログ)

  しっかりしたウェブサイトを作るなら、 有料でレンタルサーバー独自ドメインを契約することになりますが、 双方、親の同意があれば、子供でも使用ができます。 レンタルサーバーであればロリポップ、 独自ドメインであればムームードメインが、未成年でも作れます。 もちろんFC2ブログなどの無料サービスで、 ブログを作成するのにも年齢制限はありません。


 

  • ずっと使える、しっかりしたサイトを作る → 有料レンタルサーバーと独自ドメインの2つを契約する(詳細はなぜ稼ぐためには有料レンタルサーバーと独自ドメインが必要か?参照)
  • 一過性のサイトを作る → 無料ブログサービスのみの使用でOK

 

ウェブサイトのアクセス増加は時間の経過を必要としますので、
18歳になるまで広告は一切掲載しない方向で、
ウェブサイトを展開していくのも戦略
のひとつです。

むしろ最初はそうして広告を掲載しないほうが、
広告臭のしないウェブサイトとなり、
良質なアクセスを集めることができます

将来たくさん稼ぎたいお子さん達は、
この戦略でアフィリエイトの下準備をしていくのがオススメです。

 

(4)その他のネットを使ったお金稼ぎの年齢制限

 

■パソコン内職で稼ぐ・データ入力で稼ぐ

→ 18歳以上

データ入力などの在宅ワーク・パソコン内職で稼ぐ場合は、
ビジネスマッチングサイトのSOHOじんざい市場や、
クラウドソーシングサービスのクラウドワークスといったサービスを使います。

どちらも未成年は登録が不可能であるため、
お子さんはこの方法では稼げません。

 

■チャットレディーで稼ぐ

→ 18歳以上(女性限定)

ライブでゴーゴーをはじめとし、
どのライブチャットサイトも18歳以上の女性であることが条件となっています。

18歳の高校3年生の女子高生が参加できるかどうかは曖昧な点ですが、
基本的には応募できないことが多いと考えてください。

高校を卒業した女性、大学生以上の女性、あるいは高校を中退している女性
といった条件になっていくでしょう。

 

オンラインゲームで稼ぐ

→ 子供でもOK

メイプルストーリーなど、年齢制限のないオンラインゲームであれば、
子供でも稼ぐことができます。

ただしYahoo!オークション(18歳以上の年齢制限)を使う機会が多いので、
親との連携が必要になっていきます。

 

■オンラインカジノで稼ぐ

→ 18歳以上

海外電子決済サービス・ネッテラーの開設を含め、
オンラインカジノは18歳以上でないと登録が不可能です。

 

■写真を撮影して稼ぐ

→ 子供でもOK

PIXIAなどのストックフォトサービスの登録は、
18歳以上が原則となっています。

ただしFotolia(フォトリア)などの一部のサービスでは、
親の同意があれば、未成年でも登録が可能となっています。

 

■ネットオークションで稼ぐ・転売で稼ぐ

→ 18歳以上

Yahoo!オークション(ヤフオク)は、
18歳以上でないと出品が不可能となっています。

どうしても出品したい場合は、親に出品用アカウントを作ってもらい、
それを使って出品する
、という形になっていきます。

 

■データ商品で稼ぐ・情報商材を作って稼ぐ

→ 子供でもOK

インフォカートなどの一部のASPには、年齢制限がありません

こうしたサービスを使えば、親の同意次第で、
未成年でもデータ商品の販売が可能になります。

 

■資産運用で稼ぐ

→ 子供でもOK(FXは不可能)

証券口座の開設は18歳以上が基本です。

しかし、SBI証券マネックス証券など、
例外的に親の許可があれば子供でも開設できる口座があります。

最近は投資でお金を稼ぐ子供も増えているので、オススメの方法です。

FX口座については20歳以上が大原則です。

子供でもできる特例はありません。

 

■ドロップシッピングで稼ぐ

→ 子供でもOK

代表的DSPであるもしもドロップシッピングには、年齢制限がありません。

 

■ネットショップで稼ぐ

→ 子供でもOK(ただし不向き)

未成年でもできないことはありませんが、
通常の店舗なみに忙くなることを考えると、
学生向けとは言えません

 

(5)銀行口座の年齢制限について

 

銀行名 年齢制限
ゆうちょ銀行 なし
楽天銀行 なし
ジャパンネット銀行 15歳以上
住信SBIネット銀行 18歳以上

 

ゆうちょなどの通常の銀行口座であれば、
親の同意がなくても子供だけで開設することができます

保険証などの身分証明と印鑑を各銀行に持っていけば、
無料で簡単に作ることができます。

 

ネットビジネス向けの口座であるネットバンクについては、
楽天銀行には年齢制限がありません。

ただし楽天はATMからの出金には手数料がかかりますので、
ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行を開設できる方は、
なるべくそちらで開設していくか、
この3つのネットバンク口座すべてを持っておくことをオススメします。

 

楽天銀行については、携帯認証による身分証明の提示が可能ですので、
うまくやれば、親にバレずに口座開設をすることも可能です。

 

(6)子供が稼ぐ上で一番重要なこと

 

上記のネットビジネスの数々ですが、年齢制限がありながらも、
実際には多くの子供が実践できてしまっているのも事実です。

というのは、親の名義を使ってしまえばいいためです。

ネットビジネスは雇用主にとって、仕事をしている人の顔が見えません。

なので親の代理という形で、
子供がパソコンで仕事をして稼ぐ
ことができます。

親の名前でサービスの登録をし、
親の銀行口座を使って給料・報酬の振込をおこなう

これで実際には子供が仕事をしつつも、
体面上は親が仕事をしていることになります。

親の銀行口座を自分で管理するもよし。

親からお金をおろしてもらうもよし。

ようするに子供が稼ぐ場合は、親との信頼関係が重要というわけです。

 

昨今では、家族仲の悪いお子さんもたくさんいると思います。

しかしお金を稼ぐという段になれば、協力的になる親もいるでしょう。

自分がおこなうネットビジネスのことをネット上でよく調べ、
それを正確に親に伝える
ことが重要です。

説得力さえあれば親は「やる気があっていいな」と考え、
案外了承してくれることもあります。

親との信頼関係と、親を説得する力

この2つこそが、子供がネットで稼ぐ上では非常に重要になると考えます。



 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る